肩こり改善に役立つ食事

肩こりは食べ物で改善されます。肩こりは一日中辛いものです。運動をしたり薬を飲んだり暖めたりして改善されても、毎日のように肩こりで悩まされる場合は日頃の食生活が問題です。栄養が偏ってしまうと血液のめぐりが悪くなり肩こりの原因になってしまいます。血行が悪いとむくみや冷え症、肩こりが発生します。
食生活を気をつけても運動不足だと肩こりは改善されません。バランスが大切です。食事で血行促進を意識してもずっと同じ姿勢を続けると筋肉がこわばってしまいます。適度な肩こりに効果のあるストレッチや運動は並行しておこないましょう。食事で心がける食べ物はビタミンB群、ビタミンE、ビタミンC、カルシウムとマグネシウム、カリウムが多く含まれている食材です。

ビタミンB12は末梢神経の修復や赤血球の形成や再生に効果があります。
牛乳、魚介類、牛や豚のレバーに多く含まれます。ビタミンEは血行をよくする効果があります。ビタミンEが不足すると肩こりや頭痛や冷え症の原因になります。
かぼちゃ、いくら、たらこ、うなぎなどに多く含まれています。カリウムが不足すると筋力が低下し肩こりの原因になります。カリウムは筋肉機能を調整する効果があり不足してはいけない栄養素のひとつです。
アーモンド、ピーナツ、ほうれん草、じゃがいもに多く含まれています。このように食事をバランスよく食べるだけで肩こり改善されます。例をあげれば妊婦さんは胎児のためにバランスよく食事をとります。なので肩こり知らずなのです。
その他にもしじみサプリなどもお薦めです。